ヒゲやすね毛、胸毛に腕の毛など、毛深い男性にとってムダ毛の処理は死活問題。

カミソリで剃るのが面倒で、体用の電気シェーバーをチェックしてみたり、除毛クリームやブラジリアンワックスを探してみたり。

ムダ毛の処理方法はいくつもありますが、それぞれに特徴があって向き・不向きも異なります。

そこで今回は、ムダ毛処理の特徴を比較しながらあなたにおすすめの方法を考えていきます。

ムダ毛処理に悩んでいる男性は、ぜひチェックしてみてください。

RINX

主なムダ毛処理方法の特徴を比較

ヒゲ剃りを眺めている男性

カミソリや電気シェーバー、除毛クリームにブラジリアンワックスなど、主なムダ毛処理方法の特徴を以下の表にまとめてみました。

スマホでご覧いただいている方は、横にスクロールしてご確認ください。

手軽さ仕上がり肌ダメージ処理頻度
毛抜き二重丸丸バツ丸
カミソリ二重丸三角バツバツ
シェーバー二重丸三角丸バツ
除毛クリーム丸二重丸三角三角
ブラジリアンワックス三角二重丸三角丸
脱毛バツ二重丸三角二重丸

今回は以下4つの点について、それぞれの処理方法をチェックしてみました。

  • 気軽に処理ができるかどうか
  • 仕上がりはキレイかどうか
  • 肌トラブルは起きやすいか
  • 処理頻度は高くないか

各処理方法について、順を追って詳しく解説していきます。

毛抜き

もっとも手軽な自己処理方法としては毛抜きが挙げられます。

100円ショップやコンビニでも買えますし、いつでも持ち歩ける機動性の高さもあります。

一度抜いてしまえばすぐに生えてこないというメリットもありますが、問題は処理にかかる時間。

眉毛や指の毛を処理する程度ならまだしも、大量のすね毛をすべて毛抜きで処理するのは苦行です。

抜くときには痛みも伴いますし、大量のムダ毛を処理するには間違いなく不向き。

また、根本から引っこ抜くことで毛穴に細菌が感染しやすくなるというリスクもあります。

毛抜きでムダ毛を処理した後は、きちんと肌をケアするようにしましょう。

加蓮_ドン引き

太ももの裏側や背中のムダ毛を毛抜きだけで処理するのは、ほぼ不可能ですよね…

カミソリ

カミソリも手軽な自己処理方法の代表例です。

毛抜きと同じくコンビニやスーパーでも気軽に買えますし、ヒゲ用や体用など商品ラインナップも豊富。

100円で買えるものから、1,000円以上するようなものまで幅広いですね。

普段からヒゲ剃りに使っている人も多いですし、すね毛や腕の毛の処理にカミソリを使用する人も少なくありません。

簡単に処理できる反面、剃ってもすぐに生えてきてしまうという大きなデメリットがあります。

きれいに剃ったはずなのにポツポツとムダ毛が見えていたり、肌触りがジョリジョリしていたり。

肌に必要な角質まで削ってしまうことも多く、肌トラブルが起きやすいのも難点。

肌の弱い男性だと、カミソリを使う度に血が出てしまったり、肌がヒリヒリしたり。

カミソリは苦手…という男性が多いのも納得です。

加蓮_汗

太もものムダ毛やすね毛をカミソリで処理しようとすると、毛が絡まってスムーズに剃れないので気をつけましょう。

電気シェーバー

ヒゲ剃りに電気シェーバーを使用している男性は多いですが、体のムダ毛処理にも電気シェーバーはおすすめです。

ヒゲ剃り用のシェーバーは、ヒゲのように太くて固い毛を剃るように作られているため、体用のシェーバーを別途購入することをおすすめします。

家電量販店やAmazonなどで探せば、2,000〜3,000円代でしっかりとしたものを買えます。

肌を傷つけないように安全装置がついているものがほとんとで、肌へのダメージはもっとも少ないです。

ただし、ダメージが少ない分、カミソリのように深剃りができないように設計されているため、仕上がりがイマイチという声も。

肌に優しく処理はできるものの、部位によっては毎日のように剃らないといけないことも。

手軽に処理できるメリットはありますが、仕事で忙しい男性はとくに、面倒に感じてしまう人も多いです。

加蓮_基本

デリケートゾーン専用のシェーバーなどもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

除毛クリーム

カミソリや毛抜きで処理するのが面倒…という方には除毛クリームがおすすめです。

ムダ毛が気になる箇所にクリームを塗って、5〜10分後にクリームを洗い流すだけで、きれいにムダ毛を処理できます。

太ももやすね毛、腕のムダ毛など、広い範囲をまとめて処理したいときはとくに便利です。

カミソリで剃ったときのようにチクチクすることもなく、肌触りがツルンとするのもうれしいポイント。

しかしながら、除毛クリームには毛を溶かす成分が入っているため、少なからず肌にダメージを与えてしまいます。

乾燥肌・敏感肌の男性の場合、肌荒れしてしまう可能性もあるため注意が必要です。

また、刺激が強いため顔への使用は禁止されている商品がほとんど。

デリケートゾーンの処理に使用することも推奨されません。

腕や足、胸毛などを処理したいときは、除毛クリームをうまく活用してみましょう。

加蓮_真っ青

口の周りに除毛クリームを塗ると、強い痛みを感じることもあります。くれぐれも気をつけてくださいね。

除毛ワックス

男性の濃いムダ毛を処理するなら、ブラジリアンワックスもおすすめです。

ムダ毛の気になる箇所にワックスを塗って、専用のシートを使って一気にムダ毛を引き抜きます。

根こそぎムダ毛を引っこ抜くため、カミソリやシェーバーで処理したときよりもツルツルの状態が長持ちします。

部位や毛量によって個人差はあるものの、2〜3週間はムダ毛のない状態が続くこともあります。

キレイな仕上がりを期待できるブラジリアンワックスですが、前もってワックスを温める必要があったり、手間がかかりがちです。

一度で処理できるのもシート1枚分の範囲のみなので、除毛クリームほどのスピード感はありません。

アンダーヘアや指、手の甲といった、比較的狭い範囲のムダ毛を処理するのに向いています。

また、シートを剥がすときには相応の痛みを伴うことも覚悟しておく必要があります。

ガムテープをすね毛に貼り付ける行為とほぼ同じなので、慣れるまではツライ思いをするでしょう。

加蓮_素顔

痛みにも慣れてくると、ブラジリアンワックスでキレイにムダ毛を処理できるようになりますよ。

光・レーザー脱毛

きれいな仕上がりや、処理頻度を少なくしたいと考えるなら、本格的に脱毛を考えるしかありません。

いくら脱毛といっても1度の施術でツルツルになることはありませんが、継続的に通うことでほとんどムダ毛が生えてこない状態になります。

体のムダ毛であれば、1年も通えばほとんどムダ毛が目立たない状態になっているでしょう。

ヒゲに関しては、体のどの部位よりも太くて固い毛が密集しているため、個人差はありますが、2年ほど通わないとツルツルにはなりません。

また、脱毛サロンやクリニックに通うとなると、安くても数万円、全身を脱毛するとなると50〜100万円の出費になります。

顔全体のヒゲ脱毛でも、ツルツル状態を目指すとなると20〜30万円の出費は覚悟しておきましょう。

女性の脱毛と比べて、メンズ脱毛はまだ店舗数やクリニック数が多くないという現実もあります。

お住いの地域によっては、通うのが大変…ということもあるでしょう。

大きな出費になるため、じっくりと検討した上で判断しましょう。

加蓮_照れる

ムダ毛のないツルツルの素肌には憧れちゃいます。ムダ毛がとくに多い箇所だけでも脱毛してしまうとキレイになりますよ。

どのムダ毛をどの程度まで処理したいか

すね毛をそっている男性

ここまで主なムダ毛処理方法の特徴をご紹介しましたが、どの方法がベストかは人それぞれです。

どの部位のムダ毛を、どの程度まで処理したいかによって、あなたにぴったりな処理方法を考えてみましょう。

お金をかけないことを優先するなら

なるべくお金をかけず、手軽に処理できることを最優先に考えるなら、やはりカミソリや毛抜きがよいでしょう。

肌トラブルのリスクは、焦らず丁寧に処理することや処理後にきちんとケアすることで、ある程度はカバーできます。

週に何度も処理が必要になったり、時間もかかってしまいますが、コスト面を最優先に考えるなら仕方ありません。

加蓮_汗

カミソリや毛抜きを使用した後は、化粧水を塗るなど何かしら肌のケアを考えてくださいね。

すぐ処理できることを優先するなら

仕事で疲れているのにムダ毛処理に時間を奪われたくない…ということであれば、電気シェーバーや除毛クリームを活用しましょう。

すね毛をすべて剃るのではなく、程よく薄くできるような男性用のシェーバーも販売されています。

除毛クリームを使えば、15分もあれば一気に処理できますし、ある程度コツをつかんだらブラジリアンワックスも強い味方になるでしょう。

数千円の出費は必要ですが、ムダ毛処理の時間短縮を考えるなら、高い買い物ではありません。

加蓮_基本

すぐになくなるものではないですし、飲み代1回分と考えれば高いものではないですよ。

ムダ毛の処理から解放されたいなら

何度もムダ毛を処理するのはもう嫌だ…ということであれば、脱毛を真剣に考えてみましょう。

ツルツルの状態を目指すこともできますし、程よく減毛することも可能です。

部位によっては、月々3,000〜5,000円程度の負担で脱毛することもできます。

大きな出費になりますが、これから先ムダ毛に悩まされることがなくなるなら、相応の価値はあるのではないでしょうか。

加蓮_うれしい

毎朝のヒゲ剃りが楽になったり、見た目も若々しくなったり、メリットはたくさんありますよ。

ヒゲ&カラダ脱毛

あなたに合ったムダ毛処理方法の選択を

食事を楽しんでいるカップル

毛深いムダ毛の処理方法はたくさんあります。

青ヒゲに悩む男性もいれば、指毛の多さにコンプレックスを感じる男性もいます。

大切なことは、あなたに合った処理方法を選ぶこと。

光脱毛やレーザー脱毛を選んだとしても、少なくとも1年近くは通わないといけません。

除毛クリームやブラジリアンワックスも月に数回は使うことになります。

毛抜きやシェーバーで処理するなら、週に数回は処理が必要になるでしょう。

費用面も大切ですが、処理にかかる手間や時間も考慮して、ムリなく続けられそうな方法を選んでください。

あなたに合った処理方法を見つけて、ムダ毛を気にせず生活できるようになりたいですね。

当サイトで人気のムダ毛処理グッズ

MONOVOヘアリムーバークリーム

MONOVOヘアリムーバークリーム
おすすめ度5.0
販売価格2,980円
製品特徴剛毛もスッキリ除毛

NULLリムーバークリーム

NULL除毛クリーム
おすすめ度4.5
販売価格2,980円
製品特徴安心の国内生産

NULLハニーシュガーワックス

メンズ用ブラジリアンワックス
おすすめ度4.5
販売価格4,980円
製品特徴男性専用のワックス
メンズ脱毛サロン・クリニックを探す
お住いの地域
ご希望の脱毛方法
ムダ毛が気になる部位
RINX
男性ユーザー300×250