自宅でムダ毛を脱毛できたら、どれだけの時間とお金を節約できると思いますか?

月に1回程度といっても、脱毛サロンへ通うことを億劫に感じている男性は多いです。

とはいえ、家庭用の脱毛器で本当にしつこい青ヒゲも処理できるの…? と疑問を抱く方も少なくありません。

そこで今回は、家庭用脱毛器の代名詞的存在であるケノンと、脱毛サロンへ通うことの特徴を徹底的に比較します。

家庭用脱毛器を買うか、脱毛サロンへ通うか、迷っている男性は要チェックです。

RINX

ケノンと脱毛サロンの特徴比較表

家庭用脱毛器ケノンと、メンズ脱毛サロンの特徴を比較表にまとめてみました。

ケノン脱毛サロン
総額費用丸
69,800円
バツ
200,000円〜
手軽さ二重丸
自宅でいつでも使える
バツ
1〜2ヶ月ごとに予約
脱毛効果三角
ジワジワ効果を実感
二重丸
脱毛効果は抜群
安全性三角
火傷しても自己責任
丸
適切な処置を受けられる
柔軟性二重丸
好きなだけ照射できる
バツ
照射箇所は契約部位のみ

総額費用は、一般的なヒゲの濃さの男性が、顔全体のヒゲを脱毛する前提で試算しています。

もみあげ周辺だけ、鼻下だけなど、脱毛部位が狭くなれば、その分費用は安くなります。

主な特徴は比較表でつかめたとして、ケノンと脱毛サロン、それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

家庭用脱毛器ケノンのメリット

ムダ毛のない爽やかな男性

家庭用脱毛器ケノンは、自宅で本格的な光脱毛ができるアイテム。

利用者満足度98%、レビュー数98,000件以上という、圧倒的な実績を誇ります。

ではなぜ、ケノンはそこまで人気があるのでしょうか。

もっとも大きなメリットは、いつでも、何度でも、好きなだけ光脱毛ができるという点に尽きます。

ムダ毛処理はデリケートな問題ですし、時間もお金もかかります。

  • 仕事のスケジュールが変動的で、脱毛サロンの予約を取りづらい……
  • 全身のムダ毛を処理したいけど、脱毛に20万、30万もかけられない……
  • 脱毛サロンに通っていることを、近所の人や同僚に知られたくない……

といった悩みを抱えている人にとって、ケノンは救世主的な存在。

涼_笑顔

仕事が早く終わった日とか、家でテレビを見ながら手軽に脱毛できるのは便利ですよね。

顔も体も好きなだけ脱毛できる

脱毛サロンに通う場合、10回コースや20回コースなど、照射回数で料金が変わります。

青ヒゲをツルツルにしたい場合、光脱毛では20回以上の照射が必要です。

ヒゲの濃い男性の場合、30回ほど照射しないと完全にツルツルにはならないことも。

そして、照射回数が多くなるほど、費用もどんどん高くなっていきます。

その点、ケノンであれば、カートリッジが持つ限り、何回でも脱毛可能。

プレミアムカートリッジを使用した場合、最大出力で使用しても30万発照射できます。

カートリッジが切れても、4000〜円から単品購入できるので、脱毛サロンよりはるかにお得です。

追加料金を気にする必要なし

脱毛サロンに通う場合、契約した部位以外への照射はできません。

ヒゲ脱毛のついでにすね毛にも照射して欲しい、ということはできません、絶対に。

ケノンを使えば、顔にも体にも、好きなだけ照射ができます。

顔の産毛からヒゲ、Vラインといった濃いムダ毛にも対応している、オールマイティさも魅力。

必要な照射回数は個人差がありますが、追加料金を気にせず、好きなだけ照射できるのは家庭用脱毛器の大きなメリットです。

1台を家族や恋人と共用できる

家にケノンが1台あれば、家族や恋人と共用できます。

両親が毛深いと、子どもも毛深くなる可能性は非常に高いです。

お年頃になってきたお子さんの手足、おでこや口もとの産毛、ワキのムダ毛処理にもケノンが大活躍。

女の子の場合、高校生にもなれば脱毛に通いたい…! と言い出しますよ。

ケノンが家にあれば、子ども専用のカートリッジを買ってあげるだけで済むので家計も大助かり。

「自分専用じゃない」と言い訳ができれば奥さんも説得しやすくなりますよ。

ほかにも、自分はヒゲ脱毛用に、彼女にはカートリッジを交換して、美顔器としてスキンケアに使ってもらう。

恋人とケノンを使い分けるなんてことも可能です。

「もっとキレイになってほしいから」なんていえば、節約家の奥さんも思わず首を縦に振ってしまいます。

涼_基本

ケノンを使えば、お風呂にすね毛がプカプカと浮かぶこともなくなりますから、奥さんやお子さんも喜びそう。僕はまだ独身だけど…

安全設計で出力の調節も簡単

家庭用とはいえ、本格的な脱毛器となると安全面が心配です。

海外製の家庭用脱毛器も多い中、ケノンは開発から製造、検品、アフターサポートまで、すべて日本国内で対応。

照射レベルも10段階で細かく調整できるため、肌質や毛量に合わせて微調整が可能です。

まずは最低出力で試してみて、刺激やムダ毛の減り方を見ながら、少しずつ出力レベルを上げていくのがポイント。

そして、ケノンは先端部分にセンサーが内臓されています。

先端部分が肌に触れると、センサーが感知して光が照射される設計なので、安全に脱毛できますよ。

また、少しの刺激で肌が赤らんでしまう男性の場合、ケノンの連射機能を活用しましょう。

連射機能を使うと、1回あたりの出力を分散できるため、より肌に優しく脱毛ができます。

肌の強さに自信があれば通常の1ショット、少し心配なら3連射、敏感肌の男性は6連射を選びましょう。

涼_基本

敏感肌の男性って意外と多いそうです。おでこや鼻がテカテカでも、意外と肌は敏感だったりするんだって。

カートリッジの種類が充実

カートリッジとは、光を発するケノンの先端部分。

ケノンはカートリッジの付け替えが可能なので、本体を使い続けることができます。

あまり知られていないのですが、ケノン以外の家庭用脱毛器の場合、カートリッジを交換できず、使い捨て前提で販売されているものも多いです。

家庭用脱毛器だって安いものではありませんから、長く使えたほうがいいです、絶対に。

そして、脱毛したい箇所に合わせて適切なカートリッジを選べる点も、ケノンのメリットのひとつです。

どんなカートリッジがあるのか、簡単にご紹介します。

ラージ

ラージは、ケノン標準のカートリッジ。

ワキや手足の脱毛に適したサイズです。

エクストララージ

ラージより照射範囲が広いので、胴回りなど広範囲部分の脱毛に適しています。

背中の産毛をきれいにしたいときなど、ラージでは照射回数が多くて大変…というときに使いましょう。

プレミアム

プレミアムは、長寿命タイプのカートリッジ。

レベル1の場合は100万発、最大レベルの10でも30万発も照射可能。

ヒゲだけでなく、全身を脱毛したい人にとって、非常に頼りになるコスパ最強のカートリッジです。

ストロング

ヒゲやVラインといった、剛毛に適した強力なカートリッジです。

頑固な青ヒゲの脱毛には欠かせないカートリッジといっていいでしょう。

美顔スキンケア

ケノンの魅力は、美顔スキンケアカートリッジに付け替えるだけで、美顔器としても使えること。

美しい素肌は清潔感があり、若々しく見られるので、女性ウケも抜群。

仕事で人と接することが多い男性も、美肌になることで印象がよくなり、成績にいい影響をもたらします。

せっかくケノンで脱毛するのなら、透明感のある素肌も目指さないと損ですよ。

涼_笑顔

美顔には今まで興味なかったですけど、家で簡単にやれるならちょっと試してみたいです。男もスキンケアの時代ですからね。

ヒゲ&カラダ脱毛

家庭用脱毛器ケノンのデメリット

携帯を見ながら悩んでいる男性

家庭用脱毛器ならケノン以外の選択肢はない!

といえるくらい便利な脱毛器ですが、デメリットもあります。

購入してから、こんなはずじゃなかった…と後悔しないように、注意点もきちんと理解しておきましょう。

決して安いとはいえない価格

ケノンは、本体とカートリッジ3個セットで、69,800円です。

月3,000円からの分割払いも可能ですが、決して安いとはいえない価格。

約7万円と考えると、彼女とちょっとした温泉旅行へ行けちゃう金額です。

  • ワキのムダ毛だけを脱毛したい
  • 指に生えているムダ毛だけ脱毛したい
  • アゴ周辺のヒゲをほんのりと薄くしたい

上記のように考えている場合、ケノンを購入するより脱毛サロンやクリニックを利用したほうが、総額は安くなります。

とくに、ワキの脱毛だけなら、湘南美容クリニック6回1,000円コースが絶対におすすめです。

反対に、以下のような男性にとっては、ケノンを購入したほうが圧倒的に出費を抑えられます。

  • 全身のムダ毛をくまなく脱毛したい
  • 自分のペースで青ヒゲを処理したい
  • 自宅の近くに脱毛サロンがない

どの部位を、どの程度まで脱毛したいかによって、ケノンを購入すべきか判断しましょう。

涼_ドン引き

7万円あったら、ディズニーランドのホテルにも泊まれるし、箱根に温泉旅行にも行けるなぁ。僕の場合、まずは彼女を作らないとだけど…

青ヒゲの脱毛には時間がかかる

ヒゲは、あらゆる体毛の中でトップクラスの太さと密集度を誇る、キングオブムダ毛。

脱毛サロンの光脱毛でも20回以上、出力の高い医療レーザー脱毛でも15回以上通う必要があります。

ケノンで青ヒゲを脱毛する場合、最大出力で30回以上照射しても、完全にツルツルにならないことも。

照射回数を重ねていくことで、少しずつヒゲが薄くなっていくことは間違いなく実感できます。

それでも、まったくヒゲが生えない状態にするためには、かなりの時間がかかります。

青ヒゲがびっしりと濃い男性は、長い目でケノンと向き合っていきましょう。

涼_基本

もともとヒゲが薄い男性なら、比較的早く効果を実感できそうですね。青ヒゲがかなり濃い人は、根気強く続けないとダメかも。

通販限定なので実物をさわれない

ケノンは通販限定商品なので、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店で実物をさわることができません。

照射時にどの程度の刺激があるのか、本体やカートリッジの大きさはどれくらいなのか、本当に効果があるのか。

いずれも利用者のレビューや口コミを参考にするしかないのです。

ただし、ケノンは公式サイトに力を入れていて、あらゆる疑問を解消するコンテンツが充実しています。

公式サイトをくまなくチェックして、不安に感じる点を払拭しましょう。

ケノンを使用した男性の口コミ

実際にケノンを使った男性たちの口コミを編集部で調査、特徴的な口コミをピックアップしてみました。

口コミ_良

出力マックスだとちょっと痛いですけど、光を当てた部分の毛は1週間後くらいに抜けます。

口コミ_良

ムダ毛ゼロとはいえませんが、毎日ヒゲを剃らなくても大丈夫なくらいにヒゲが減りました。

口コミ_良

毛穴が目立たなくなりました!ムダ毛も減るし、友達からも毛穴が消えたと褒められました。

口コミ_悪

ケースにしまっていると意外と出すのが手間で、ほくろを白く塗ったり、光を当てる部分を冷やすのも地味に面倒くさい。

口コミ_悪

どこまで光を当てたかわからなくなるので、集中してやらないとダメ。

ムダ毛が減った、肌がキレイになったという声もあれば、意外と面倒くさいという声もありますね。

情報源はTwitterやInstagram、2chやYahoo!知恵袋など、参考になりそうな口コミを見つけたら随時更新していきます。

ケノンの公式サイトと合わせて、じっくりチェックしてみてくださいね。

脱毛サロンに通うことのメリット

カウンセリングを受けている男性

ここまで家庭用脱毛器ケノンの魅力をお伝えしてきましたが、ここで攻守交代。

ここからは、脱毛サロンへ通うことのメリットとデメリットについてお伝えします。

今や、脱毛サロンに通っているのは女性だけではありません。

男性の身だしなみや美意識の高まりから、ここ数年でメンズ脱毛サロンはどんどん増えています。

毎朝のヒゲ剃りが面倒だったり、見た目の悪い青ヒゲを改善しようと、脱毛サロンに通っている男性も多いです。

家庭用脱毛器では得られない脱毛サロンのメリットについて、詳しくご説明します。

いち早く脱毛効果を実感できる

まずはなんといっても脱毛効果の高さです。

脱毛サロンの光脱毛は、家庭用脱毛器よりはるかに高出力、脱毛効果も早く実感できます。

編集部スタッフも、大手メンズ脱毛サロンのRINXに通っていますが、2回目の照射でヒゲが減ってきたことを実感しています。

顔全体のヒゲを完璧になくすためには、約2年、20回ほど通う必要がありますが、それでも家庭用脱毛器と比べて圧倒的に早いです。

料金が高くても、少しでも早く青ヒゲをどうにかしたい……! と考えるなら、脱毛サロンへ通うことを考えてみましょう。

涼_基本

医療レーザー脱毛なら、光脱毛より効果が高いといわれていますよね。痛みも強くなりますし、費用も高くなっちゃいますけど。

脱毛のプロにおまかせできる

脱毛サロンのスタッフは、適切な研修を受けて実務経験を積んだ、いわばムダ毛解消のプロ集団。

ムダ毛が生えてくる仕組みや、脱毛マシンの特徴、肌質や毛量に合わせた最適な処置方法など、あらゆる悩みを相談できます。

日々、たくさんのムダ毛と向き合っている方たちですから、私たち素人が敵うはずもありません。

朝、ヒゲを剃って、そのままサロンへいくだけで、後は目をつぶって身を委ねているだけ。

家庭用脱毛器の場合、照射漏れが起こったり、同じ場所に何度も照射してしまうリスクがありますが、脱毛サロンならその心配も無用。

極端な話、寝ている間にすべての施術が終わっています。

涼_笑顔

スキンケアって何をやればいいのかわからなかったんですけど、色々教えてもらえるので助かりますよ。

施術前後に適切なケアを受けられる

脱毛サロンでは、施術前に肌の状態をくまなくチェックし、最適な出力で照射してくれます。

施術後も、肌やムダ毛の状態にあわせて来店ペースを調整したり、自宅でのケア方法についてアドバイスをもらえます。

一人ひとりに合わせたオーダーメイド感覚の脱毛が可能なので、自己流の処理と比べて圧倒的に安心かつ確実。

脱毛サロンはクリニックとちがって医療機関ではありません。

万が一、施術後に何らかの肌トラブルが起きた場合、すぐに提携先の医療機関を紹介してもらえます。

診療代も脱毛サロンが負担してくれることがほとんど。

もちろん、肌トラブルが起きないように、冷却パックやジェルを使いながら照射したり、照射後も肌を保湿するなど徹底しています。

家庭用脱毛器は出力が弱いとはいえ、間違った使い方をしてしまうと、火傷するリスクもあります。

当然、自己責任ですから、皮膚科の治療代も全額自己負担です。

涼_ドン引き

手足ならともかく、顔を火傷したら大変ですよね。絆創膏をはって会社に行くのも不格好ですし…理由も説明しづらい…

ヒゲ&カラダ脱毛

脱毛サロンに通うことのデメリット

お財布が空になった男性

もちろん、脱毛サロンもメリットばかりではありません。

家庭用脱毛器と比べて値段が高い、という点もありますが、その他のデメリットについても考えてみましょう。

何度も通わなくてはいけない

脱毛サロンへ通う最大のデメリットといえるのが、通う手間です。

月に1回程度とはいえ、タイムイズマネー、忙しい男性にとって時間は貴重です。

脱毛サロンの多くは、主要駅の近くにあるものの、通勤・通学圏内から離れている場合は、通うことを面倒に感じてしまう人も。

事実として、通うのが面倒になって途中解約する人はいます。

また、社会人男性の場合、転勤や転職で引っ越しすることもあるでしょう。

全国各地に拠点を持つサロンであれば、引越し先で脱毛を続けることもできます。

しかしながら、脱毛サロンのない離島、1時間に1本しかバスが来ない山奥、水道の通っていない途上国へ飛ばされることもあるでしょう。

転勤の多い会社に勤めている男性は、通えなくなるリスクも考慮しておきましょう。

涼_基本

遅い時間まで対応可能なサロン・クリニックは少ないので、残業の多い男性は休日しか通えなくなっちゃいますね。

予約が取りにくいサロンもある

脱毛サロンに通う男性にとって、ストレスに感じるのが予約のとりづらさ。

毎日忙しく働いている男性だと、この日じゃないと予定を空けられない……といった悩みもあるでしょう。

仕事帰りや休日に通いたいと思う人がほとんどですから、どうしても平日の夕方~や休日は予約が集中します。

なかなかタイミングが合わず、次の予約が3ヶ月後になってしまった…という男性もいます。

また、急な仕事のトラブルなどで、予約をキャンセルすることもあるでしょう。

サロンによってはキャンセルフィーが発生したり、1回分を消化してしまうこともあります。

直近の日程はほとんど予約が埋まっていますし、結局次の予約は2ヶ月後になってしまったり……

自分の都合で通えないという点は、脱毛サロンへ通うことの大きなデメリットのひとつです。

サロンへ通うことの恥ずかしさ

相手が脱毛のプロとはいえ、コンプレックスを見せることに抵抗を感じる人もいます。

青ヒゲならともかく、アンダーヘアの悩みは女性スタッフに相談しづらいですね。

脱毛サロンに出入りしているところを、知人に見られたくない…! という男性も多いです。

さらには、待合室に女性客が多いと、視線を感じてしまってつらい……という声も。

恥ずかしさは自分で乗り越えるしかありませんが、今は男性専用のメンズ脱毛サロンも増えてきて、スタッフが全員男性というサロンもあります。

通っているところを見られたくない場合は、メガネやマスクで変装してみてもいいかもしれません。

他人に悩みを打ち明けたくない……、ムダ毛の多い箇所を見られたくない……、という場合は家庭用脱毛器を使うしかありません。

涼_ドン引き

会社から近いと便利ですけど、同僚とか上司に見られると、確かにちょっと恥ずかしいですね…

メンズ脱毛サロンに通う男性の口コミ

メンズ脱毛サロンへ通っている男性、既に脱毛が終わった男性の口コミもピックアップしてみました。

口コミ_良

ヒゲ脱毛で5回目、夕方になっても青ヒゲが目立たなくなりました。ジョリジョリ感もありません。

口コミ_良

鼻下は痛かったですけど、3回目くらいから痛みもほとんどなくなりますね。照射も15分くらいですし、全然耐えられます。

口コミ_良

ヒゲを剃るのは3日に1回で十分になりました。アゴ周辺にちょっと生えてくるくらい。

口コミ_悪

5回ほど通いましたけど、思った効果を得られなかったので、解約してレーザー脱毛に切り替えました。最初からレーザーにすればよかった。

口コミ_悪

照射中の世間話が地味に苦痛。静かに眠らせて欲しい。悪い人じゃないんだけど。

SNSやYahoo!知恵袋、2chなどを見ていると、良い口コミ、悪い口コミ、いずれもたくさん見つかります。

気になっているサロンがあるなら、無料カウンセリングへ足を運んで、自分の目で見て判断しましょう。

あなたに合った脱毛方法を選びましょう

ヒゲをチェックしている男性

家庭用脱毛器と脱毛サロン、どちらを選ぶか、考えはまとまりましたか?

手軽さや安さを優先するならケノンですし、青ヒゲを少しでも早く改善したいなら脱毛サロンです。

それぞれにメリットとデメリットがあって、一長一短。

どの部位を、どれくらい、いつまでに脱毛したいのか、という軸で、あなたにとってベストな方法を考えてみましょう。

脱毛サロンと比べれば安いと感じるケノンも、一般的な感覚で考えれば、十分大きな出費です。

とはいえ、お金をかけずに青ヒゲを改善することは絶対に不可能。

毛抜きは余計に青ヒゲが濃くなるため絶対NGですし、除毛クリームやブラジリアンワックスも、顔には使用できません。

コツコツ脱毛を頑張れば、毎朝ヒゲを剃る手間から解放されて、見た目の清潔感も間違いなくアップ。

焦らずに続けていけば、着実にヒゲは減っていきます。

1年後、2年後の自分を見据えて、今、未来の自分に投資しましょう。

メンズ脱毛サロン・クリニックを探す
お住いの地域
ご希望の脱毛方法
ムダ毛が気になる部位
RINX
男性ユーザー300×250