あなたのヒゲや体毛は、人と比べて濃いほうですか?

このサイトは、青ヒゲや毛深いムダ毛・体毛にお悩みの男性へ、役立つ情報を掲載しています。

コスパの高い自己処理方法や男性のムダ毛に対する女性の本音、メンズ脱毛サロンやクリニックの特徴、料金プラン、脱毛のデメリットまで。

各記事をご覧になることで、ムダ毛の悩みや不満がスッキリ解決します。

毛深さに悩むすべての男性が、脱毛や適切な自己処理を通じて笑顔になれることを目指しています。

メンズ全身脱毛体験談

女性にもっとも嫌われる男の体毛をご存知ですか?

クラウドワークスを通じて女性300人にアンケートを取った結果はこちら。

もっともキライな男性のムダ毛の円グラフ

もっとも女性から嫌われる男性のムダ毛は【胸毛】ということがわかりました。

胸や腹、乳首と胴体まわりのムダ毛に次いで、ヒゲを嫌がる女性も多いですね。

男性のすね毛やアンダーヘアを嫌がる女性は意外と少ない、ということもわかります。

当サイト管理人は、フラッシュ脱毛を手がけるメンズ脱毛サロン大手のリンクスに通いながらヒゲと全身のムダ毛を脱毛中。

「フラッシュ脱毛ってほんとうに効果がある?」「お金はどれくらいかかるの?」「痛いんじゃないの?」

といった、メンズ脱毛のあらゆる疑問に体を張ってお答えします。

胸毛やすね毛、肛門周りのアンダーヘアまで、とくに気になる部位をクリックして詳細ページをご覧ください。

リンクスを選んだ理由

男性が脱毛するメリット

ヒゲ剃りに悩んでいる男性

脱毛は女性がするもの? それはもう、一昔前の考え方。

芸能人やモデル、有名人に限らず、ムダ毛を脱毛している一般男性はとても増えています。

なぜ脱毛する男性が増えているのかというと、以下のようなメリットがあります。

  • 肌がキレイになる
  • ヒゲ剃りの時間が省ける
  • 嫌な臭いに悩まなくなる
  • 異性からの印象が大きく変わる
  • コンプレックスから解放される

毛抜きやカミソリで処理すればいいや……と考える男性も多いのですが、残念ながら自己処理には限界があります。

異性からの見た目を意識したい男性こそ、脱毛サロンやクリニックで脱毛することをおすすめします。

加蓮_照れる

青ヒゲや濃い体毛はどうしても印象がよくありません。女性からの見た目を意識するなら、脱毛を検討してみてくださいね。

メンズ脱毛にかかる費用

クレジットカードと小銭

ムダ毛の処理に、いくらまでお金をかけられますか?

脱毛に興味はあっても、気になるのは料金。

どの部分を、どういった方法で脱毛するかによって、総額費用は大きく変わります。

ヒゲをきれいさっぱり脱毛するとなると、20〜30万円が相場ですが、ワキの脱毛なら1,000円で実施可能なクリニックもあります。

また、フラッシュ脱毛より医療レーザー脱毛の方が脱毛効果は高いものの、料金も高くなります。

全員のムダ毛をレーザー脱毛ですっきり処理したい!と考えると、クリニックによっては100万円以上かかります。

しっかり検討した上で判断するようにしましょう。

加蓮_基本

ヒゲ脱毛の費用は20万円前後が相場。ヒゲが濃くて毛量の多い方だと、照射回数が増えて費用も高くなります。

脱毛に保険は適用可能か

残念ながら脱毛は保険適用外です。

「医療脱毛」と書かれていると、保険が適用されそうに思えますが、脱毛は基本的に自由診療として扱われます。

  • 自由診療:保険適用外の診療。治療費はすべて自己負担
  • 保険診療:保険適用内の診療。治療費は一部が自己負担

本来、ムダ毛を脱毛せずとも体の健康に影響はないわけですから、脱毛が自己負担となるのは当然ともいえます。

同じように、見た目を変えるための美容整形なども自由診療扱いとなり、費用は全額自己負担です。

主な支払方法と返金制度

脱毛箇所が多くなるほど、費用も高くなります。

20万円、30万円となると、一括でポンと支払うのは少々ツラいですね。

ほとんどの脱毛サロン、クリニックがクレジットカードや分割払いに対応。

ボーナス払いなども活用すれば、月々の負担は最小限に抑えられます。

また、返金制度についてはサロンやクリニックごとにルールがさまざま。

基本的に、実施分の費用は返金されませんが、未実施分の費用はきちんと返金してもらえます。

ただし、中途解約手数料を取られることもあるため、忘れずに契約時に確認しましょう。

転勤の多い仕事をしている男性は、返金規定をしっかりチェックしておくことをおすすめします。

脱毛方法の種類

一言で脱毛といっても、方法は大きく3つに分かれます。

  • 光(フラッシュ脱毛)
  • レーザー(医療脱毛)
  • ニードル(電気脱毛)

脱毛にかかる費用や期間、痛みなど、それぞれの特徴をざっくり整理すると以下の通り。

レーザーニードル
費用丸安い三角高いバツかなり高い
効果三角薄い丸高い二重丸かなり高い
痛み丸ほどほど三角結構痛いバツかなり痛い
期間三角長い丸ほどほど丸ほどほど

大切なのはあなたに合った脱毛方法を選ぶこと。

それぞれの脱毛方法について、特徴を見ていきましょう。

光(フラッシュ脱毛)

フラッシュ脱毛のイメージ図

光脱毛は、フラッシュ脱毛、フラッシュライト脱毛と言われることもあります。

その名の通り、脱毛に効果のある特殊な光を使います。

脱毛サロンやエステサロンで導入されている方法で、分類上は、あくまで美容のための施術。

医療行為ではないため、正しくは減毛、抑毛効果を期待できる方法です。

メリット

フラッシュ脱毛のメリットを整理すると以下の通り。

  • 痛みがもっとも少ない
  • 照射にかかる時間が短い
  • 脱毛費用が比較的安い
  • 美肌効果も期待できる

ヒゲだけではなく、すね毛や胸毛など、複数の部位をまとめて脱毛したいときにおすすめですよ。

デメリット

フラッシュ脱毛のデメリットは、時間がかかること。

毛周期に合わせて1ヶ月や2ヶ月ごとに施術を行うことがほとんどで、脱毛完了まで1年以上かかります。

太くて固い毛が密集しているヒゲの場合、2年以上かかることも。

ヒゲがとくに濃い男性だと、30回ほど通わないとツルツルになりません。

痛みが少ない分、長期間、何度も通うことになることを覚悟しましょう。

おすすめの脱毛サロン

メンズ脱毛専門のRINX

リンクス

おすすめ度5.0
脱毛費用1,800円~
脱毛方法光(フラッシュ脱毛)
フラッシュ脱毛ならメンズ専門のリンクスが断然おすすめ!ヒゲ脱毛ならお試し1,800円〜
加蓮_うれしい

ツルツルになるまで時間はかかるものの、フラッシュ脱毛は痛みの少なさから人気が高まっています。

レーザー(医療脱毛)

レーザー脱毛のイメージ図

レーザー脱毛は医療用のレーザーを用いた脱毛方法で、医療脱毛ともいわれます。

その名の通り、レーザー脱毛は医療行為となるため、エステサロンでは施術ができません。

レーザー脱毛を取り扱えるのは、医療機関や脱毛クリニックのみ。

万が一、医師が不在のエステサロンでレーザー脱毛を導入している場合、違法行為なので注意しましょう。

メリット

レーザー脱毛のメリットを整理すると以下の通り。

  • 永久脱毛を期待できる
  • 少ない回数で脱毛できる
  • 医療機関なので麻酔を使える
  • 万が一のときのケアも安心

レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛よりパワーが強いマシンを使用できるため、高い脱毛効果を期待できます。

医療機関なので、痛みを軽減するための麻酔も使用可能。

照射時のパチッとした痛みが苦手な男性は、ムリせず麻酔を活用しましょう。

デメリット

レーザー脱毛のデメリットとしては、痛みの強さと支払総額の高さ。

濃い青ヒゲもキレイに脱毛できるパワーがあるからこそ、麻酔なしでは耐えられないという声もあります。

とくに男性の場合、女性より体毛が濃いため、レーザーの出力も強くなります。

輪ゴムを引っ張ってパチンと当てる程度と言われますが、正直にいうともっと痛いです。

ヒゲからアンダーヘアまで、全身をツルツルに脱毛する場合、支払総額は100万円近くになることも。

ヒゲ脱毛ならレーザー脱毛がおすすめですが、複数の部位を脱毛するときは、よく考えてから判断しましょう。

おすすめのクリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

おすすめ度4.0
脱毛費用9,800円〜
脱毛方法レーザー(医療脱毛)
レーザー脱毛ならテレビCMでおなじみの湘南美容クリニック!ヒゲ脱毛は6回29,800円(税込)
加蓮_素顔

レーザー脱毛は痛みを心配する人が多いですね。確かにパチッとした痛みはありますが、脱毛効果は高いですよ。

ニードル(電気脱毛)

ニードル脱毛のイメージ図

ニードル脱毛は、絶縁針脱毛と美容電気脱毛、大きく2種類に分かれています。

一昔前まで、脱毛といえばニードル脱毛以外の選択肢はありませんでした。

メンズ脱毛ではフラッシュ脱毛とレーザー脱毛を選ぶ男性が大多数ですが、ニードル脱毛も根強い人気があります。

メリット

ニードル脱毛のメリットを整理すると以下の通り。

  • 高い脱毛効果を期待できる
  • 脱毛範囲の微調整ができる
  • 日焼けした肌も施術できる

ニードル脱毛は、本当の意味で永久脱毛が可能な唯一の方法です。

毛を作り出す細胞を直接破壊し、その場で毛を抜いてしまうため、即効性も抜群。

基本的にニードル脱毛で処理すると、ムダ毛は二度と生えてきません。

ヒゲや眉毛のデザインも自由自在、おしゃれにこだわりたい男性におすすめ。

デメリット

高い脱毛効果を誇るニードル脱毛ですが、めちゃくちゃ痛いです。

毛穴に細い針を刺して、弱い電流を流して毛を生み出す細胞を破壊するわけです。

どう考えても、痛いに決まっています。

また、ニードル脱毛は1本単位、1分単位で料金が設定されています。

毛量が多いと、脱毛費用はあっという間に100万円以上に。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の仕上げとして活用したり、一部分をスポット的に脱毛したいなら、ニードル脱毛は頼もしい存在です。

おすすめの脱毛サロン

メンズエステティック MEN'S TBC

MEN’S TBC

おすすめ度3.5
脱毛費用130円~/1本
脱毛方法ニードル(電気脱毛)
ニードル脱毛ならメンズエステ大手のTBCがおすすめ!ヒゲ脱毛のお試しプランなら1,000円(税込)
加蓮_汗

明確な理由がない限り、ニードル脱毛はあまりおすすめできません……費用が高いのと本当に痛いので…

脱毛の痛みや安全性

痛みに耐えている男性

メンズ脱毛は痛いです。

女性より毛量が多く、1本1本の毛が太く固いため、どうしても脱毛マシンのパワーを上げざるを得ないのです。

とくにニードル脱毛は激しい痛みが生じるため、積極的におすすめしづらいのが本音です。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛も、パチっ!と電流が走るような痛みを味わいます。

痛みを乗り越えた先にしか、ツルツルの素肌は手に入りません。

肌へのダメージ

光脱毛やレーザー脱毛は、少なからず肌へのダメージが発生します。

とくにレーザー脱毛の場合、施術後に肌が赤くなってしまうことも。

ヒゲ脱毛の場合は口の周りが赤くなってしまうため、仕事中はマスクで隠している人もいるくらいです。

光脱毛もレーザー脱毛ほど強くはないものの、肌質によってはダメージを受けることがあります。

スキンケアが重要

お風呂上がり、化粧水やクリームをきちんとつけていますか?

男性の場合、肌のケアなんて何もしていない!という方も多いですね。

脱毛期間中は少なくとも化粧水や保湿クリームを肌につけるなど、肌をケアすることに意識を向けましょう。

せっかくムダ毛を除去できてツルツル素肌を手に入れられるのに、ケアを怠ってしまっては意味がありません。

ツルツルでスベスベな肌を手に入れるためにも、きちんとスキンケアを考えましょう。

加蓮_ドン引き

ヒゲや体毛が生えてなくても、肌がカサカサだとちょっと引いちゃいます。男性も肌の保湿をきちんと考えましょうね。

メンズ脱毛の必要期間や施術回数

鏡を見ている若い男性

脱毛に時間がかかることはご存知ですか?

パワーの強いレーザー脱毛でも、1回の照射でムダ毛を完全になくすことは不可能。

どの部位を脱毛するかによって差はあるものの、約1年は通うことが必要です。

ヒゲがかなり濃い男性がフラッシュ脱毛に通う場合、3年ほど通わないとツルツルになりません。

ニードル脱毛なら即効性は抜群ですが、1本1本丁寧に処理するため施術に時間がかかります。

男性のヒゲは約2万本生えているといわれており、ニードル脱毛といえど、完全にツルツル状態を目指すのは大変。

脱毛とは根気強く向き合うことが大切だということを理解しておきましょう。

毛周期・発毛サイクル

毛周期のイメージ図

なぜ脱毛に時間がかかるのかというと、私たちの体毛には毛周期(発毛サイクル)があります。

毛周期とは、体毛が生えてきて、抜け落ち、そしてまた生えてくるサイクルのこと。

休止期と成長期、退行期の大きく3段階に分かれています。

そして、レーダー脱毛やフラッシュ脱毛の効果を期待できるのは成長期の毛のみ。

休止期や退行期の毛にレーザーを照射しても、結局はまた毛が生えてきます。

少なくとも5〜6回は脱毛に通わないと、すべての毛を処理できないのです。

脱毛をはじめるベストな時期

パソコンの前で考え込んでいる男性

肌を露出する機会が多くなる夏場に向けて、脱毛を検討する人は男女ともに多いです。

ただし、先ほどご説明した通り、脱毛には時間がかかります。

秋や冬から脱毛に通いはじめれば、ムダ毛が大幅に減った状態で夏を迎えられます。

いつまでにどのような状態にしたいかによって、脱毛に通いはじめるタイミングを考えてみましょう。

加蓮_基本

春頃から脱毛を始める人も多いです。お仕事が落ち着くタイミングで、まずはカウンセリングへ行ってみましょう。

メンズ脱毛サロン・クリニックを探す
お住いの地域
ご希望の脱毛方法
ムダ毛が気になる部位